お知らせ 白山室堂 白山ギャラリー 登山の注意 白山の達人に聞く
白山登山情報 アクセス情報 登山施設案内 白山登山Q&A リンク集

白山の達人に聞く
白山観光協会専務理事 永井 隆一
金沢大学白山診療班顧問 山口 成良さん
元白山室堂主任 木下 道雄さん
石川県自然保護課 栂 典雅さん
白川村平瀬「白山館」主人 大澤 信孝さん

元白峰村村長

(一財)白山観光協会 専務理事

永井 隆一


■おすすめのポイント
 大白川ダム周辺(白水の滝、白山白川自然休養林、大白川温泉)は、石川県・福井県側の人に特におすすめです。石川県側のチブリ尾根の原生林も良いですが、手付かずの原生林の大きさは特に見事で、滝や温泉も楽しめます。
 ただし、アクセスは大変なので自家用車をおすすめします。


■初めて白山登山をされる方へのメッセージ
 冬山は日本有数の豪雪地帯なので大変ですが、残雪の白山、新緑の白山、高山植物が咲き乱れる白山、紅葉の白山、満天星の白山、御来光の白山、夕日の白山、全て楽しめたら最高です。チャレンジしてみて下さい。
 初登山が天気の良い日ならば次回に多少天気が悪くても登る元気が出ますが、初登山が悪天候だった場合はもう二度と登りたくないという人が大変多いので、初登山の時は天気をよく確認して無理をせず、白山を後々好きになるためにも、できたら天気の良い日を選んで登る方が良いと思います。

■今後の白山のあり方について
 
山に食事と寝床があればそれで良いというのではなく、インタープリターやガイド等のシステムも含めて、登山者にもっと白山を理解してもらい、楽しんでもらうことが今後必要です。
 白山周辺の見所も色々あり、もっとそれを楽しんで欲しいですね。
 石川県民や白山市民がもっと白山に関心を持ち、白山に登山して欲しいと思います。

■白山の魅力
 
他の山と比べれば山頂付近の高山植物の見事さ、紅葉の美しさが際立つと思います。また、雪を綿のように頂いた白山連峰を平地から見た時の優美さは、心に染み入るものがあります。

■白山での思い出
 
10年ぐらい前に、まだ5才ぐらいの次男を連れて白山の開山祭(7月1日)に登って、悪天候だったこと。特に帰りは、強風で次男が歩けず、負ぶって下山をしましたが、途中で自分が足をくじくし大変でした。次男はおそらくトラウマになり、今でも白山登山はしたくないはずです。
 白山でゴミ拾いやトイレ掃除のアルバイトを高校・大学と6年間やりました。最初はゴミも多いしトイレも汚いし、大変いやだったけれど、すぐに慣れました。この時に白山の石川県側の登山道は、アルバイト仲間と一緒に競争をしながら毎日歩きました(ほぼ走ったに近い)。大変だったけれど、最後にアルバイト代をもらった時は本当にうれしかった。この6年の間に、ゴミの持ち帰り運動が全国に先駆けて白山で始まり、最後はかなりゴミが少なくなったことを良く覚えています。今も他の登山道より大変きれいです。